コインチェック認可登録を受けた記者ブリーフィング|主要プロセス段階まで「7社」が進む

Pocket

コインチェック認可登録を受けた金融庁ブリーフィング|主要プロセス段階まで「7社」が進む
金融庁、コインチェック認可登録の記者ブリーフィング
コインチェックが金融庁の認可登録を受け開催された質疑応答の重要発言まとめ。金融庁側で”回答書”を受理したのは170社の内21社、主要プロセスの審査段階まで7社が進んだと明かした。

金融庁、コインチェック認可登録の記者ブリーフィング内容

コインチェックが、金融庁の認可登録を受けたことを受け開催された記者ブリーフィングの重要発言まとめ。

質疑応答

みなし業者3社、現状・現時点の状況は?

コインチェックは、業務改善命令の内容が改善した (業務改善計画の要件を満たした)と判断したため、登録を行った。

他2社は、みなし業者として「業務改善命令」の業務改善計画の進捗状況を見て、中身を精査している最中だ。みなし業者2社に対する審査は、かなり長引いてはいるが、現行ルールでは期限はない。

登録要件に達すれば認めるし、無理なら認めない。

新規登録の見通しは?

約180社のうち、10月に準備した金融庁の「質問票」に対する「回答書」を提出、金融庁側で正式に受理したのは21社だ。

21社の内、”主要プロセス”の審査段階まで到達したのは、(みなし業者2社を除いて)7社になる。

申請後、6ヶ月程度とあるが、今回時間を要した原因は?

コインチェックの場合は、現行仮想通貨取引所への一斉立入検査及び「業務改善命令」などでリソースが取られたため、結果として1年掛かった。認可登録したのは、2017年の「ビットオーシャン」以来の認可となる。

登録業者になったことで金融庁がお墨付きを与えたことになるが、流出が起きない体制が整ったのか?

その特性上、100%ということは断言はできないが、最善を尽くして審査を行い、仮想通貨の流出をさせないようにサイバー対策を施すなどあらゆる手を尽くしている。

今後は、審査が加速度的に進むことになるのか?

「仮想通貨交換業者」はあくまでも登録なので、登録要件を満たせばいいが、ハッキング事件もあったため”かなり厳格な基準”で「質問票」を作っている。

今回時間的目安も用意したので、業者の方でも体制をしっかり整備していただいて、要件さえ満たせば登録を進めてきたい。

2019-01-11 17:10

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

Source: コインポスト

仮想通貨:取引所開設!ランキング



仮想通貨
当サイト的 取引所ランキング

7つのポイント
運営母体安全性、取り扱い通貨、各種手数料、取引所と販売所、取引所の規模出来高、セキュリティ、金融庁認可の有無
などを考察します。




ランキング第1位



取引量・ユーザー数・資本金No.1
ビットフライヤー

ビットコインを買いたい人は、
信用力や、安全性を考えると、ここが最良




ランキング第2位



ネム(NEM/XEM)やモナコインも
ザイフZaif

全通貨取引所取引で指値注文が可能。JPY(日本円)で購入可能。売買手数料が安い。




ランキング第3位



2018年1月に新設
DMMビットコイン

14通貨ペアでのアルトコインレバレッジ取引が可能。レバレッジ手数料を除く手数料が全て無料。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。