米eコマース大手Overstock:STOプラットフォームtZEROにて投資家向けセキュリティトークンの提供開始を発表

Pocket

米eコマース大手Overstock:STOプラットフォームtZEROにて投資家向けセキュリティトークンの提供開始を発表
米eコマース大手Overstock:同社プラットフォームtZEROにてセキュリティトークンの提供開始
米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始した。

米eコマース大手Overstock:投資家向けセキュリティトークンの提供開始

米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始したことが、米国時間10日の深夜にtZEROのCEOであるSaum Noursalehi氏が投資家に送信した内容から明らかになった。

tZEROは昨年8月のSTO(セキュリティトークンオファーリング)で1億3400万ドル(約150億円)の収益を上げ、10月に購入された分のセキュリティトークンの発行を完了し、それらのトークンは今までカストディアルウォレットにて3ヶ月の期間ロックアップされていた。

公式からの通知によると、投資家には2つの選択肢がある。

  1. tZEROのパートナー証券仲介会社であるダイナソー・ファイナンシャルグループで保管用口座を開くこと。
  2. 個人のウォレットにて保管すること。個人ウォレットでの保管には、2段階認証が必須となる。

しかし、tZEROが実際に同プラットフォーム上でセキュリティトークンの取引を開始するかは、現時点では不確かである。レター内でtZEROは、将来のセキュリティトークンの取引開始についてのアップデートに注目するように投資家に呼びかけた。

同社トークンの取引開始時期は公表されていないものの、証券を法律に準拠した形のトークンとしてウォレットで管理できるようになることで、流動性や監査容易性の向上、レギュレーションのコントラクト化などが見込まれている。

CoinPostの関連記事

2018-11-29 08:55
2018-10-13 10:29
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

Source: コインポスト

仮想通貨:取引所開設!ランキング



仮想通貨
当サイト的 取引所ランキング

7つのポイント
運営母体安全性、取り扱い通貨、各種手数料、取引所と販売所、取引所の規模出来高、セキュリティ、金融庁認可の有無
などを考察します。




ランキング第1位



取引量・ユーザー数・資本金No.1
ビットフライヤー

ビットコインを買いたい人は、
信用力や、安全性を考えると、ここが最良




ランキング第2位



ネム(NEM/XEM)やモナコインも
ザイフZaif

全通貨取引所取引で指値注文が可能。JPY(日本円)で購入可能。売買手数料が安い。




ランキング第3位



2018年1月に新設
DMMビットコイン

14通貨ペアでのアルトコインレバレッジ取引が可能。レバレッジ手数料を除く手数料が全て無料。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。